花粉症についてのお知らせ

投稿日:2013/01/16|カテゴリ:お知らせ

今年は昨年の約2倍、例年の1.2から1.5倍と飛散量が増えると予想されています。
花粉アレルギーをお持ちの方が早めの内服を心がけましょう。

 

・内服薬、点眼、点鼻薬に加えてヒスタグロビンの注射薬が症状の軽減に効果があります。
週に1~2回、花粉アレルギーの方は計3回を目標に皮下注射を行います。
保険診療で対応でき、6割から7割の効果があるとされています。

関心のある方は遠慮なくお問い合わせ下さい。